Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
メール相談
ページTOPへ

美容皮膚科

イントラジェン

切らない、痛くない、たるみ治療。高周波(RF)にて肌に熱を与えることによって、シワ・たるみの改善が期待できます。さらに毛穴や肌質改善対策としても有効とされています。

詳細はこちら

ウルトラセル ハイフHIFU


切らない、痛くない、たるみ治療。従来の機器では治療できなかった深層の皮下脂肪層(3層目の皮膚)と表情筋膜層(SMAS:4層目の皮膚)にアプローチすることでシワやたるみを治療いたします。

詳細はこちら

ピコレーザースポット(輪郭がはっきりしたしみ治療)

ピコレーザースポットは、老人性色素斑や雀卵斑やアザに対して行うサイノシュア社のピコシュアレーザー照射治療となります。一度の照射でも綺麗になる期待が持てる治療ですが、肝斑が重なって存在している場合などは、まずは肝斑を綺麗にしてからの治療とさせていただくことがあります。肝斑が重なって存在している場合などは、まずは外用薬治療(東大式トレチノイン療法等)や、こすらないことを徹底する洗顔スタイルや生活習慣の改善などにより、肝斑を綺麗にしてからの治療とさせていただくことがあります。

詳細はこちら

ピコレーザーフラクショナル(しみ、小じわ、肌質改善治療)

サイノシュア社のピコシュアレーザーの照射ヘッドにフォーカスレンズというオプションレンズを取り付けますと、レーザー光が区画化(フラクショナル化)されて肌へのダメージを抑えた形でエネルギー密度を上げることができます。これによりしみ対策としてパワーアップするだけでなく、肌質改善、小じわ改善効果を生みます。フォーカスレンズ無のピコレーザー照射と比べ、格段に治療効果が上がり、総じて治療期間の短縮にも繋がります。

詳細はこちら

ピコレーザートーニング(しみ・くすみ改善治療)

お顔のお肌のトーンを明るくし、くすみを改善する治療のひとつです。
弊院では、サイノシュア社のピコシュアレーザーにて治療を行い、かさぶたをつくらせないような優しい出力でのレーザー照射治療ですので、ダウンタイムがほとんどなく、お仕事に差し支えることもありません。施術直後から洗顔・メイクも可能です。

詳細はこちら

イオン導入(エレクトロポレーション)

ノーニードルセラピーといわれ、イオン導入や超音波導入では浸透させることができなかった分子量の大きい有効成分を、針を使わず浸透させる新しい導入法です。細胞の生物学的な構造・機能を傷つけることなく、細胞内に一定分子量の有効成分を直接浸透させることができます。エレクトロポレーションは高電圧パルスにより脂質二重層膜を不均一化させることで、一時的に微細管を形成します。生態構造や細胞機能に損傷を与えることなく、濃度勾配を利用した毛細管現象により大きな分子の溶剤導入を行うことができます。

詳細はこちら

ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸)

特別に配合された薬剤を塗ることで、皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくして、肌のターンオーバーを正常化・促進します。そして、にきび・にきび跡・小じわ・はり・毛穴の開き・シミ・くすみなどを改善させていきます。

詳細はこちら

シミ肝斑内服薬セット

しみ対策の内服薬セットです。トラネキサム酸、シナール(vit.C)、ハイチオール(Lシステイン)といったお薬が25日分セットになっています。しみ全般に対する効果が期待できますが、必ずしみが消えるというものではありません。しみレーザー治療に併用をお勧めします。トラネキサム酸は、もともとは止血剤ですので、ピル内服中の方や血栓性疾患(心筋梗塞や脳梗塞)の既往がある方などはお控えいただきます。胃がムカムカしたり、肩こりが起こったり、お顔がむくんだりするなどの症状が出ることがあり、そのような場合は中止してください。3か月は継続したら、いったん1か月以上は休薬してください。

シミ治療薬 ハイドロキノン

しみに対する外用薬です。朝・夜に使用し、紫外線対策をなさってください。薄く膜が張る程度に少量ずつ使用してください。赤みや肌のガサつきがひどくなる場合は使用を中止してください。

シミ治療薬 トレチノイン

しみに対する外用薬です。ハイドロキノンは「新しいメラニンを作りにくくする作用」であるのに対して、トレチノインは「すでにあるしみ、色素沈着などのメラニンを垢として排出させる作用」があります。東京大学医学部付属病院形成外科・美容外科が研究を重ねた「東大式トレチノイン療法」に代表される、トレチノインとハイドロキノンの併用療法は、レーザー治療でも難しい色素沈着、しみ、やけど跡の色素沈着などに対して効果が期待でき、しかも比較的安価でできる改善手段の一つです。