Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
メール相談
ページTOPへ

ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸)

特別に配合された薬剤を塗ることで、皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくして、肌のターンオーバーを正常化・促進します。そして、にきび・にきび跡・小じわ・はり・毛穴の開き・シミ・くすみなどを改善させていきます。

こんな方におすすめ!

  • にきび・にきび跡を改善したい
  • デリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着を改善したい
  • 小じわ・はりを改善したい
  • 毛穴の開きを改善したい
  • シミ・くすみを改善したい

ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸)とは

ケミカルピーリングとして、ダーマスーティック社(フランス)のミルクピール(グリコール酸、乳酸、サリチル酸の合剤)を採用しています。
皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくして、肌のターンオーバーを正常化・促進します。 これらの作用により、にきび・にきび跡・小じわ・はり・毛穴の開き・シミ・くすみなどを改善させていきます。肌の状態によりますが、少なくとも2週間は間隔を空けていただき、2~4週間毎に3~5回程度行うのが効果的です。
肌は入れ替わっていくものです。お気に召されましたら、回数問わずお続けいただけます。
グリコール酸、乳酸、サリチル酸を絶妙な割合で配合したケミカルピーリングです。施術後の皮膚の赤み、赤ムケ、かさぶた、色素沈着などのリスクを最小限に抑えながらも、各成分の長所を最大限に発揮できるようにつくられております。単剤のケミカルピーリングよりも施術後のダウンタイムの短さも特長のひとつです。

ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸)の特徴

  • お肌のターンオーバーを促進します!
  • 色々なお肌のトラブルを改善に向かわせます!

ミルクピール・ケミカルピーリングの薬剤(グリコール酸、サルチル酸、乳酸)の特徴

長所 短所
グリコール酸 ニキビ菌の殺菌効果があります。日本人の肌質には最も合っているとされています。 肌に浸透しやすい分、肌荒れや赤み、痛みなどの副作用が出ることもあります。
サルチル酸 角質層にのみ働きかけてくれるので、肌へのダメージが少ないです。 薬剤が肌の奥深くに浸透せず。ニキビ菌の殺菌効果はほぼありません。
乳酸 美白効果が高い。肌への浸透力が高いものの刺激や負担は少ないです。 濃度によっては皮むけしたり、かさぶたになったりすることがあります。

弊院のミルクピール・ケミカルピーリングは、上記3種類の酸の長所をお互い持ち上げあい、短所を打ち消しあうような絶妙な配合をしたピーリング剤です。

ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸)の対応範囲

小範囲 顔・首(顎下~鎖骨)・ワキ・手の甲・足の甲・うなじ・乳輪・踵
大範囲 デコルテ・背中上・背中下・腰・ヒップ・大腿前面(片足)・大腿後面(片足)・膝周り・下腿前面・下腿後面・肘下・肘上・胸・お腹

施術詳細

痛み 数日間は軽い赤みとピリピリ感が出ることがあります。
赤み 数日間は軽い赤みとピリピリ感が出ることがあります。

注意事項

  • アスピリン喘息等、アスピリン(アセチルサリチル酸)が禁忌の方は、このケミカルピーリングをお控えいただきます。
  • 肌が一時的に乾燥を伴い、敏感になります。低刺激性の保湿化粧水で、十分に保湿を行ってください。
  • 一般的には肌質改善させる施術ですが、逆に吹き出ものが増えるなど、肌に合わない場合が非常に稀にあります。

料金表

施術名 詳細・分量 料金(税抜) 備考
ミルクピール・ケミカルピーリング(グリコール酸+サルチル酸+乳酸) 小範囲 7,000円

範囲:顔・首(顎下~鎖骨)・ワキ・手の甲・足の甲・うなじ・乳輪・踵

大範囲 14,000円

範囲:デコルテ・背中上・背中下・腰・ヒップ・大腿前面(片足)・大腿後面(片足)・膝周り・下腿前面・下腿後面・肘下・肘上・胸・お腹

施術をお断りさせていただく場合があります

アスピリン喘息をお持ちの方、日焼け後まだ熱感のある方、お顔の手術・注射・外用薬・レーザー治療等は内容・履歴によりお控えいただく場合があります。

仙台美容外科のおすすめ情報はLINE@より配信しております

LINE@公式アカウント