Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
LINE予約・相談
ページTOPへ

イソトレチノイン


説明イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体を主成分とした薬剤にてニキビの治療を行います。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症炎症性ニキビに対しても効果があります。また治療期間終了後もニキビができにくい体質改善にもつながる唯一の治療です。その他の効果として「角栓、毛穴が小さくなる」「肌トーンが明るくなる」「しみが薄くなる」等の肌質改善効果も期待できます。
リスク唇の乾燥、ドライアイ、皮膚のかゆみ、赤み等
通常料金特別モニター 30錠15,000円(1日当たり500円)
通常 30錠30,000円

こんな方におすすめ!

  • ニキビがひどい
  • ニキビの赤みを消したい
  • ニキビ治療を色々試したが、効果がなかった
  • 顔の皮脂分泌が多い
  • 脂性肌を改善したい
  • 毛穴が気になる
  • 肌質改善したい

症例写真


▼施術名▼料金▼治療の説明▼リスク▼治療中の注意点
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 特別モニター 1日当たり500円
     └1箱単位での処方です。
     └20mg製剤・30錠入り
     └税込15,000円
  • 血液検査 税込3,000円
     └初診時、および適宜
     └モニター:10%OFF
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体でできたニキビ治療薬です。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症の炎症性ニキビに対しても効果があり、「ニキビが早く治る」「ニキビができにくくなる」「皮脂が減る」「角栓、毛穴が小さくなる」「シミが薄くなる」「凹凸が滑らかになる」等の効果が期待できます。
欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。ニキビに対する有効率は98%以上ですが、再発率(治療終了後、新生ニキビ数が治療前の1/3以上戻る率)は30%です。

多くの場合、1日につき20gm製剤1錠から始め、月単位で内服継続し、症状改善がなければ増量します。
症状改善が安定してきましたら月単位で漸減します。
かかる費用には個人差があります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。
  • 過去にイソトレチノイン製剤でアレルギーを生じたことがある方、およびテトラサイクリン系薬剤(ドキシサイクリン(ビブラマイシン®)、ミノサイクリン(ミノマイシン®)等)を内服中の方は使用できません。低用量ピルの併用は問題なく、むしろ推奨されています。
  • 粘膜の乾燥症状…唇の乾燥、ドライアイ、鼻血が出やすくなる等の症状が生じやすくなります。多くの場合は、市販のリップクリームやドライアイ用点眼薬、ワセリン等での保湿で対処できる程度ですが、症状が強い場合は再診してください。
  • 皮膚のかゆみ、赤み、体力低下…稀に肌が刺激に弱くなることがあります。また、稀に疲れやすくなる方がいらっしゃいます。症状が強い場合は再診してください。
  • 精神状態の変化…イライラしたり憂鬱になったり、精神的な変化が生じることがあり、その際は必ずお知らせください。精神疾患(うつ病等)治療中の方はお控えいただきます。
  • 肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎等…1%以下の方に肝機能障害が生じることがあります。そのため内服の初回、増量時、維持時等には採血検査(別途費用)をお受けいただきます。中性脂肪・コレステロール値が高い方、肝臓疾患で治療中の方など、適応ではないと医師が判断した場合は使用できません。また稀に膵炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患を生じることがあります。
  • その他、稀に頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害、視力低下(夜盲症)、髪のボリュームの減少などが起こることがあります。異常が生じた場合は再診してください。
  • 15歳未満の方…骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があり、お控えいただきます。
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。また自己判断による中止はせず用法用量をお守りください。4か月以上の継続的な内服が推奨されています。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。


▼施術名▼料金▼治療の説明▼リスク▼治療中の注意点
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 特別モニター 1日当たり500円
     └1箱単位での処方です。
     └20mg製剤・30錠入り
     └税込15,000円
  • 血液検査 税込3,000円
     └初診時、および適宜
     └モニター:10%OFF
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体でできたニキビ治療薬です。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症の炎症性ニキビに対しても効果があり、「ニキビが早く治る」「ニキビができにくくなる」「皮脂が減る」「角栓、毛穴が小さくなる」「シミが薄くなる」「凹凸が滑らかになる」等の効果が期待できます。
欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。ニキビに対する有効率は98%以上ですが、再発率(治療終了後、新生ニキビ数が治療前の1/3以上戻る率)は30%です。

多くの場合、1日につき20gm製剤1錠から始め、月単位で内服継続し、症状改善がなければ増量します。
症状改善が安定してきましたら月単位で漸減します。
かかる費用には個人差があります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。
  • 過去にイソトレチノイン製剤でアレルギーを生じたことがある方、およびテトラサイクリン系薬剤(ドキシサイクリン(ビブラマイシン®)、ミノサイクリン(ミノマイシン®)等)を内服中の方は使用できません。低用量ピルの併用は問題なく、むしろ推奨されています。
  • 粘膜の乾燥症状…唇の乾燥、ドライアイ、鼻血が出やすくなる等の症状が生じやすくなります。多くの場合は、市販のリップクリームやドライアイ用点眼薬、ワセリン等での保湿で対処できる程度ですが、症状が強い場合は再診してください。
  • 皮膚のかゆみ、赤み、体力低下…稀に肌が刺激に弱くなることがあります。また、稀に疲れやすくなる方がいらっしゃいます。症状が強い場合は再診してください。
  • 精神状態の変化…イライラしたり憂鬱になったり、精神的な変化が生じることがあり、その際は必ずお知らせください。精神疾患(うつ病等)治療中の方はお控えいただきます。
  • 肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎等…1%以下の方に肝機能障害が生じることがあります。そのため内服の初回、増量時、維持時等には採血検査(別途費用)をお受けいただきます。中性脂肪・コレステロール値が高い方、肝臓疾患で治療中の方など、適応ではないと医師が判断した場合は使用できません。また稀に膵炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患を生じることがあります。
  • その他、稀に頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害、視力低下(夜盲症)、髪のボリュームの減少などが起こることがあります。異常が生じた場合は再診してください。
  • 15歳未満の方…骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があり、お控えいただきます。
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。また自己判断による中止はせず用法用量をお守りください。4か月以上の継続的な内服が推奨されています。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。


▼施術名▼料金▼治療の説明▼リスク▼治療中の注意点
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 特別モニター 1日当たり500円
     └1箱単位での処方です。
     └20mg製剤・30錠入り
     └税込15,000円
  • 血液検査 税込3,000円
     └初診時、および適宜
     └モニター:10%OFF
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体でできたニキビ治療薬です。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症の炎症性ニキビに対しても効果があり、「ニキビが早く治る」「ニキビができにくくなる」「皮脂が減る」「角栓、毛穴が小さくなる」「シミが薄くなる」「凹凸が滑らかになる」等の効果が期待できます。
欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。ニキビに対する有効率は98%以上ですが、再発率(治療終了後、新生ニキビ数が治療前の1/3以上戻る率)は30%です。

多くの場合、1日につき20gm製剤1錠から始め、月単位で内服継続し、症状改善がなければ増量します。
症状改善が安定してきましたら月単位で漸減します。
かかる費用には個人差があります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。
  • 過去にイソトレチノイン製剤でアレルギーを生じたことがある方、およびテトラサイクリン系薬剤(ドキシサイクリン(ビブラマイシン®)、ミノサイクリン(ミノマイシン®)等)を内服中の方は使用できません。低用量ピルの併用は問題なく、むしろ推奨されています。
  • 粘膜の乾燥症状…唇の乾燥、ドライアイ、鼻血が出やすくなる等の症状が生じやすくなります。多くの場合は、市販のリップクリームやドライアイ用点眼薬、ワセリン等での保湿で対処できる程度ですが、症状が強い場合は再診してください。
  • 皮膚のかゆみ、赤み、体力低下…稀に肌が刺激に弱くなることがあります。また、稀に疲れやすくなる方がいらっしゃいます。症状が強い場合は再診してください。
  • 精神状態の変化…イライラしたり憂鬱になったり、精神的な変化が生じることがあり、その際は必ずお知らせください。精神疾患(うつ病等)治療中の方はお控えいただきます。
  • 肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎等…1%以下の方に肝機能障害が生じることがあります。そのため内服の初回、増量時、維持時等には採血検査(別途費用)をお受けいただきます。中性脂肪・コレステロール値が高い方、肝臓疾患で治療中の方など、適応ではないと医師が判断した場合は使用できません。また稀に膵炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患を生じることがあります。
  • その他、稀に頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害、視力低下(夜盲症)、髪のボリュームの減少などが起こることがあります。異常が生じた場合は再診してください。
  • 15歳未満の方…骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があり、お控えいただきます。
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。また自己判断による中止はせず用法用量をお守りください。4か月以上の継続的な内服が推奨されています。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。


▼施術名▼料金▼治療の説明▼リスク▼治療中の注意点
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 特別モニター 1日当たり500円
     └1箱単位での処方です。
     └20mg製剤・30錠入り
     └税込15,000円
  • 血液検査 税込3,000円
     └初診時、および適宜
     └モニター:10%OFF
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体でできたニキビ治療薬です。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症の炎症性ニキビに対しても効果があり、「ニキビが早く治る」「ニキビができにくくなる」「皮脂が減る」「角栓、毛穴が小さくなる」「シミが薄くなる」「凹凸が滑らかになる」等の効果が期待できます。
欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。ニキビに対する有効率は98%以上ですが、再発率(治療終了後、新生ニキビ数が治療前の1/3以上戻る率)は30%です。

多くの場合、1日につき20gm製剤1錠から始め、月単位で内服継続し、症状改善がなければ増量します。
症状改善が安定してきましたら月単位で漸減します。
かかる費用には個人差があります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。
  • 過去にイソトレチノイン製剤でアレルギーを生じたことがある方、およびテトラサイクリン系薬剤(ドキシサイクリン(ビブラマイシン®)、ミノサイクリン(ミノマイシン®)等)を内服中の方は使用できません。低用量ピルの併用は問題なく、むしろ推奨されています。
  • 粘膜の乾燥症状…唇の乾燥、ドライアイ、鼻血が出やすくなる等の症状が生じやすくなります。多くの場合は、市販のリップクリームやドライアイ用点眼薬、ワセリン等での保湿で対処できる程度ですが、症状が強い場合は再診してください。
  • 皮膚のかゆみ、赤み、体力低下…稀に肌が刺激に弱くなることがあります。また、稀に疲れやすくなる方がいらっしゃいます。症状が強い場合は再診してください。
  • 精神状態の変化…イライラしたり憂鬱になったり、精神的な変化が生じることがあり、その際は必ずお知らせください。精神疾患(うつ病等)治療中の方はお控えいただきます。
  • 肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎等…1%以下の方に肝機能障害が生じることがあります。そのため内服の初回、増量時、維持時等には採血検査(別途費用)をお受けいただきます。中性脂肪・コレステロール値が高い方、肝臓疾患で治療中の方など、適応ではないと医師が判断した場合は使用できません。また稀に膵炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患を生じることがあります。
  • その他、稀に頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害、視力低下(夜盲症)、髪のボリュームの減少などが起こることがあります。異常が生じた場合は再診してください。
  • 15歳未満の方…骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があり、お控えいただきます。
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。また自己判断による中止はせず用法用量をお守りください。4か月以上の継続的な内服が推奨されています。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。


▼施術名▼料金▼治療の説明▼リスク▼治療中の注意点
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 特別モニター 1日当たり500円
     └1箱単位での処方です。
     └20mg製剤・30錠入り
     └税込15,000円
  • 血液検査 税込3,000円
     └初診時、および適宜
     └モニター:10%OFF
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体でできたニキビ治療薬です。皮脂分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症の炎症性ニキビに対しても効果があり、「ニキビが早く治る」「ニキビができにくくなる」「皮脂が減る」「角栓、毛穴が小さくなる」「シミが薄くなる」「凹凸が滑らかになる」等の効果が期待できます。
欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。ニキビに対する有効率は98%以上ですが、再発率(治療終了後、新生ニキビ数が治療前の1/3以上戻る率)は30%です。

多くの場合、1日につき20gm製剤1錠から始め、月単位で内服継続し、症状改善がなければ増量します。
症状改善が安定してきましたら月単位で漸減します。
かかる費用には個人差があります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。
  • 過去にイソトレチノイン製剤でアレルギーを生じたことがある方、およびテトラサイクリン系薬剤(ドキシサイクリン(ビブラマイシン®)、ミノサイクリン(ミノマイシン®)等)を内服中の方は使用できません。低用量ピルの併用は問題なく、むしろ推奨されています。
  • 粘膜の乾燥症状…唇の乾燥、ドライアイ、鼻血が出やすくなる等の症状が生じやすくなります。多くの場合は、市販のリップクリームやドライアイ用点眼薬、ワセリン等での保湿で対処できる程度ですが、症状が強い場合は再診してください。
  • 皮膚のかゆみ、赤み、体力低下…稀に肌が刺激に弱くなることがあります。また、稀に疲れやすくなる方がいらっしゃいます。症状が強い場合は再診してください。
  • 精神状態の変化…イライラしたり憂鬱になったり、精神的な変化が生じることがあり、その際は必ずお知らせください。精神疾患(うつ病等)治療中の方はお控えいただきます。
  • 肝炎、膵炎、潰瘍性大腸炎等…1%以下の方に肝機能障害が生じることがあります。そのため内服の初回、増量時、維持時等には採血検査(別途費用)をお受けいただきます。中性脂肪・コレステロール値が高い方、肝臓疾患で治療中の方など、適応ではないと医師が判断した場合は使用できません。また稀に膵炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患を生じることがあります。
  • その他、稀に頭痛、吐き気、下痢、睡眠障害、視力低下(夜盲症)、髪のボリュームの減少などが起こることがあります。異常が生じた場合は再診してください。
  • 15歳未満の方…骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があり、お控えいただきます。
イソトレチノイン(ニキビ治療薬)

  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。また自己判断による中止はせず用法用量をお守りください。4か月以上の継続的な内服が推奨されています。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)とは

イソトレチノイン(イソトロイン)というビタミンA誘導体を主成分としたニキビの治療薬です。

イソトレチノインは皮脂分泌を抑える作用アクネ菌に対する抗菌作用・抗炎症作用に優れ、通常のニキビだけではなく、重症炎症性ニキビに対しても効果があります。
また、治療期間終了後もニキビができにくい体質改善にもつながる唯一の治療です。
その他の効果として「角栓、毛穴が小さくなる」「肌トーンが明るくなる」「しみが薄くなる」等の肌質改善効果も期待できます。

欧米などでは、治療に不可欠な基本薬として認知されていますが、残念ながら、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。
副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。
また自己判断による中止は、リバウンドや肝機能障害が生じることもあるため、用法用量をお守りください。

▼イソトレチノインについて(厚生労働省のサイトが開きます)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1b.html

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)における血液検査

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)においては、初診時、および適宜、血液検査を行います。
各検査時には血液検査代(3,000円)が別途必要となります。

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)の継続方法

イソトレチノイン(ニキビ治療薬)による治療は多くの場合、1日につき20mg製剤1錠から始め、毎日内服を継続していただくところから始まります。
ニキビの治まり方によっては治療期間中に増量を要することもあり、また半年前後は継続する治療となりますので、予算的なことへの配慮や、治療中断しない通院計画が必要となります。

症例ブログ

注意事項

  • 催奇形性…この治療期間中に妊娠すると胎児に奇形が生じることがあるため、内服中、および内服終了後も1か月間は避妊が必要です。妊娠中の方、近いうちに妊娠をご希望の方、授乳中の方は使用できません。
  • 肌の保湿や紫外線対策を励行し、ビタミンA含有のサプリメント服用はお控えください。
  • 副作用が生じた場合は中止させていただくことがあります。
  • 自己判断による中止は、リバウンドや肝機能障害が生じることもあるため、用法用量をお守りください。
  • 内服中、および内服終了後1か月間は献血をしないようにお願いします。

料金表(税込)

施術名詳細・分量通常料金備考
イソトレチノイン特別モニター
(ワンコインモニター)
1日当たり
500円

1箱単位での処方です。
 └20mg製剤・30錠入り
 └15,000円

1日1錠から始め増量が必要になる場合がございます。半年前後の継続が必要。

通常 1日当たり
1,000円

1箱単位での処方です。
 └20mg製剤・30錠入り
 └30,000円

1日1錠から始め増量が必要になる場合がございます。半年前後の継続が必要。

血液検査 3,000円

初診時、および適宜。

モニター:10%OFF

特別モニター


  • 数量限定のため、在庫がなくなり次第終了となります。
  • モニターは、治療前と1か月ごと等のご来院の際にモニター写真・動画撮影にご協力いただき、弊院のホームページ、あるいはSNS等で使用させいていただく場合があります。

施術をお断りさせていただく場合があります

妊娠中・授乳中の方、避妊ができない方、テトラサイクリン系薬剤(ビブラマイシン、ミノマイシンなど)内服中の方、精神疾患(うつ病など)で治療中の方、肝機能障害や潰瘍性大腸炎等の既往のある方などはお控えいただきます。また15歳未満の方では骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性があるためお控えいただきます。

よくある質問

ニキビ治療薬のイソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)での治療中に日焼けは大丈夫ですか?
イソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)は光の感受性を高めるお薬のため、内服中は日光過敏になる可能性がありますので、イソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)での治療中は日焼けをしないようご注意ください。

ニキビ治療薬のイソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)での治療中にレーザー治療は受けられますか?
クリニックによって決め事が異なります。イソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)内服中は、特に唇の乾燥や肌の過敏さが増して皮むけするなども、通常の経過としてあり得ます。そのような肌の状況でレーザー照射を行うことは、ダメージが強いと判断し、弊院ではイソトレチノイン治療中のレーザー治療はお控えいただいております。

ニキビ治療薬のイソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)は薬局でも買えますか?
イソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)は医師の処方が必要となるお薬のため、薬局での購入はできません。弊院での医師とのカウンセリングの上、必要に応じて処方いたします。
また、同様の理由にて、個人輸入も禁止されておりますので、ご注意ください。

ニキビ治療薬のイソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)は未成年でも治療できますか?
親権者(法定代理人)の方のご同伴と同意書が必要となりますが、イソトレチノイン(イソトロイン・ビタミンA誘導体)は未成年の方でも治療は可能です。ただし、15歳未満の方では骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる可能性がある等のリスクもあり、お控えいただいた方が無難です。










症例ブログLINE公式アカウント



当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しております。