Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
メール相談
ページTOPへ

二重まぶた・目元

二重まぶたを作ったり、目を大きくしたり、目の上や下のたるみを取ったり、目周りのお悩みを解決いたします。

お悩みから探す

施術名から探す

  • ヒアルロン酸注入(シワ取り)

    シワがある部分の皮下に注入し、皮膚を押し上げて解消する注入法です。

  • まつ毛の治療薬「グラッシュビスタ」

    弊院では、まつ毛治療薬として「グラッシュビスタ」をご用意しております。エクステ、つけまつげなどで、貧毛になっている方も元々少ない方も、是非お試しくださいませ。

  • 埋没法二重術

    非常に小さな糸の輪を上瞼に埋め込んで二重ラインを作る手術です。
    術式により、二重ラインを“点”で支えたり、“線”で支えたりします。

  • 上眼瞼眼窩脂肪除去(上まぶたの脂肪取り)

    上瞼が重い方に行う脂肪除去術の一つです。上瞼の1mm程度の切り込みから脂肪を除去し、瞼を軽くすることができます。二重の手術と同時に行うと、二重にかぶる皮膚の重みが見た目に軽くなり、また二重が戻りにくくなるメリットがあります。

  • 二重糸除去

    埋没法二重術の糸を除去する手術です。
    糸を瞼の表裏どちらから除去するかは、糸の入り方等にもより、カウンセリングにてお話いたします。

  • 全切開法二重術

    ご希望の二重ラインを、単純にそのライン上で切開して二重を作る手術です。腫れの期間は長いですが、ほぼ戻ることはありません。1週間後に抜糸を行います。

  • 眼瞼下垂(挙筋前転法)

    全切開法で二重ラインも作りながら目を開ける力を強くする手術です。
    黒目が大きく見えるようになり、視野が広がり、また上瞼のくぼみや眉毛を上げるクセも改善することが多いです。

  • 眉下リフト

    上瞼のたるみ除去の一つです。
    眉毛下縁の余った皮膚を除去します。
    元々二重の方は昔の二重幅が復活し、上瞼のたるみ等が改善します。
    これに伴い、額のしわが楽になり、瞼や眉あたりの凝りが解消する方も多く、人相が変わりにくい優れた手術です。

  • たるみ取り併用全切開法二重術

    単なる全切開法ではたるみが残ったり、パッチリに見えなかったり、三重になったり、逆さまつ毛を改善したい方にお勧めする切開法二重術です。若い方でも、アイプチ等で皮膚が伸びてしまった方などは良い適応のことが多いです。加齢等により、かなり目尻外側までたるみが強い方は、たるみ取り併用全切開法二重術longをお勧めすることが多いです。

  • 目頭切開法

    目頭の形成術です。蒙古襞を除去・あるいは一部残したり、目頭を内側に寄せる・あるいは寄せないで平行型二重を作るための目頭を作ったり、目頭を尖らせるネコ目形成など、状態とご希望の形によって、いくつかの方法を使い分けております。

  • 目尻切開法

    目尻の形成術です。単純に目の横幅をかせぐ、あるいは少し斜め下方外側に向けて切開し、たれ目気味に見せるなど、ご希望に沿った工夫も行っております。

  • 目の下のふくらみ取り

    下瞼の皮膚は傷を付けずに、涙袋の下の脂肪の膨らみを瞼の裏側から除去する手術です。“目の下のくま”の原因はいくつかありますが、目の下に二段の影が出る方など、余計な膨らみが原因して生じる“くま”の改善に適していることが多いです。下瞼の眼窩脂肪は“内側、中央側、外側、最外側”という4つのエリアに分かれていますが、最外側まで脂肪の処理が必要な方には、目の下のふくらみ取りwideというメニューにさせていただきます。

  • 目の下のたるみ取り

    目の下の膨らみだけでなく、皮膚のたるみ除去も併せて行う、目の下の若返り手術です。
    術後は腫れや傷が目立ちばれやすいですが、落ち着くと傷も目立たず、劇的な若返りを果たせる場合が多いです。
    下瞼の眼窩脂肪は“内側、中央側、外側、最外側”という4つのエリアに分かれていますが、最外側まで脂肪・皮膚の処理が必要な方には、目の下のたるみ取りlongというメニューにさせていただきます。

  • 目の下切開ハムラ法

    目の下の皮膚のたるみを除去しつつ、脂肪の膨らみの一部を内側下方にスライドして縫着して、より目の下の平面化を図る手術です。最外側まで脂肪・皮膚の処理が必要な方には、目の下切開ハムラ法longというメニューにさせていただきます。

  • 下眼瞼下制(グラマラスライン形成)

    下瞼のラインの形成術です。
    下瞼の中央よりやや外側に重心をおいた形を目指します。
    たれ目にしたい方でこれが適応の場合もあれば、目尻切開を適応した方がご要望に近い場合もあります。
    糸で留めるだけの方法は戻りやすく、瞼の裏側から行う方法は睫毛内反が起こったり、変化の度合いが小さかったりするため、弊院では経皮的に瞼板という軟骨とCPF(capsulo-palpebral fascia)という硬い組織を縫合する手術を承っております。

  • ピコシュアレーザーによるアートメイク除去

    ピコシュアレーザーによるアートメイクの除去です。
    眉だけでなく、アイラインのアートメイクの除去も可能です。

  • ボツリヌストキシン注入(シワ取り)

    筋肉の緊張をやわらげ、眉間や額、目尻のシワなどの表情皺を軽減・消失させる注入法です。

  • ヒアルロン酸注入(涙袋・頬ふっくら)

    目の下に注入し涙袋をつくりますと、愛らしく優しい目元になり、目が大きく見えるようになります。
    また、頬に注入することでこけた頬もふっくらと健康的に見えるようになります。
    ​使用するヒアルロン酸の種類にはいくつか選択肢がございます。カウンセリングにて詳しくご案内いたします。

  • グロースファクター注入

    皮膚表層の折り畳みじわ、ニキビ跡のへこみなどに適応される注射治療です。ご自身のコラーゲンを作る刺激を与える施術で、Rejuvenation効果が得られます。一般的には2~4週間毎に3~5回程度継続することで徐々に改善します。グロースファクター製剤(特にFGF)の注射治療では、しこりを生じるリスクがあると言われますが、弊院が扱うグロースファクターでは、2012年からの本製剤使用経験では、しこりの症例は0.001%以下です。回数を重ねて徐々に改善し、完成したら長持ちします。肌年齢を戻し、それを原型にまた人生再スタートです。

  • ヒューマラジェン(ベビーコラーゲン)注入

    折り畳みじわ改善や皮膚が薄い部分のハリを出す効果が高い、ヒト由来のコラーゲン注射です。かなり険しいしわも改善の期待があり、最近注目されてきている注射治療です。

  • ピコシュアレーザーによる光加齢しみ・あざレーザー治療

    光加齢シミ・そばかす・アザレーザー治療は、老人性色素斑や雀卵斑やアザに対して行うPicoSure照射治療となります。一度の照射でも綺麗になる期待が持てる治療ですが、肝斑が重なって存在している場合などは、まずは肝斑を綺麗にしてからの治療とさせていただくことがあります。肝斑が重なって存在している場合などは、まずは外用薬治療(東大式トレチノイン療法等)や、こすらないことを徹底する洗顔スタイルや生活習慣の改善などにより、肝斑を綺麗にしてからの治療とさせていただくことがあります。やはりPicoSure照射では多くの場合、従来のQ-スイッチレーザーと比べてより良い治療結果だけでなく、治療回数や副作用の減少が期待できます。