Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
LINE予約・相談
ページTOPへ

全切開法二重術


説明ご希望の二重ラインを、単純にそのライン上で切開して二重を作る手術です。腫れの期間は長いですが、ほぼ戻ることはありません。
リスク腫れ、内出血、傷等
料金190,000円

こんな方におすすめ!

  • 一重・奥二重を綺麗な二重にしたい
  • 二重のラインをはっきりさせたい
  • 二重の幅を広くしたい
  • 埋没法ができないと言われた
  • 埋没法をしたが何度も戻ってしまう

全切開法二重術とは

全切開法二重術は局所麻酔をしてから希望する二重のラインの皮膚を切開し、皮膚を縫い合わせて二重のラインを作る手術です。また必要に応じて脂肪も除去します。

切る手術であることに敬遠されがちではありますが、「戻らない」という埋没法では得られないメリットがあります。埋没法を何度もしたけれど、長持ちしないなどの方へもおすすめです。
また埋没法では限界もある二重幅も、全切開法では実現できる可能性も秘めています。
「切開法」は、二重の幅を広くしたい方、皮膚が厚く腫れぼったいため埋没法ができない方などにおすすめの二重施術で、埋没法よりもくっきりとした二重になれるのが特徴です。

全切開法二重術の特徴

  • 戻らない二重術!
  • 埋没法よりもくっきりとした二重になれる!

症例ブログ

施術詳細

処置時間約60分
痛み二重の幅設定や皮膚の厚さにより個人差がありますが、1週間程度で半分程度落ち着きます。術後少なくとも1か月は経過をみてください。
腫れ二重の幅設定や皮膚の厚さにより個人差がありますが、1週間程度で半分程度落ち着きます。術後少なくとも1か月は経過をみてください。場合により、自然な感じになるのに3~6か月程度かかることがあります。
内出血まぶたに内出血(青あざ)が生じることがあります。通常はそのまま様子をみていただくと2週間程度で消失します。
切開線の傷は3~6か月かけて落ち着きますが、傷の残り方には個人差があります。稀に肥厚性瘢痕やケロイドが生じることがあります。
麻酔局所麻酔を行います。笑気麻酔の併用も可能です。
抜糸必要です。
治療後の通院7日後に抜糸にご来院ください。
入院の必要性必要ありません。
お化粧傷口は抜糸の翌日から可能です。
※目元以外は当日から可能です。
洗顔当日から可能です。
※強い力での洗顔は1か月間は控えください。
洗髪当日から可能です。
シャワー当日から可能です。
入浴3日後から可能です。
飲酒1週間後からが望ましいです。
運転少なくとも当日は控えてください。
コンタクト抜糸後から可能です。
マッサージ強い力でのお顔のマッサージは1か月間は控えください。

注意事項

  • 感覚低下…傷の周囲は一時的または長い間、感覚が鈍くなることがあります。

料金表

施術名詳細・分量料金(税抜)備考
全切開法二重術- 190,000円

保障内容

例えば左右差修整等、施術後の起こり得るご心配事に対し、可能なご対応をさせていただきます。
※麻酔代別途
※保障期間:1年間

麻酔料金

局所麻酔を使用し施術を行います。

必要に応じて麻酔が加わります(オプション)。
痛みが気になる方はご相談ください。
・笑気ガス麻酔 3,000円
・静脈麻酔 40,000円

施術をお断りさせていただく場合があります

糖尿病で血糖コントロール不良の方、血液をサラサラにするお薬を使用している方、レーシック等の角膜手術後半年以内の方、あるいは角膜手術等を控えている方(詳しくは眼科ご担当医にお尋ねください。)は、お控えいただきます。

よくある質問

Load More


基本的にカウンセリング当日の施術も可能です。しかしカウンセリングでのお話の長さや他のお客様のご予約の混み方によっては、後日に変更していただく可能性があります。
ご希望の場合はご予約をお取りいただく際にその旨もお伝えください。また、弊院は予約制となっておりますので、必ずご予約の際に「当日施術までご希望」の旨お申し付けいただくか、ご予約フォーム中にその旨ご記載ください。

埋没法は糸で二重のラインを作る術式で、切開法はメスで切開し二重のラインを作る術式です。それぞれメリット・デメリットがございますので、カウンセリングの際に医師よりご説明させていただきます。

Load More


片目ずつ別日に処置することは可能ですが、片目ずつ別日に処置する場合は、その都度片目の費用をお支払いいただくこととなります。片目料金は両目料金の60%にあたる料金で、両目同時の施術よりも割高となりますので、予めご了承ください。

Load More










症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム


当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しております。