Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
LINE予約・相談
ページTOPへ

2016/09/29
*ピコレーザーの3種メニューを全部・各1回ずつやってみました!


こんにちは。

院長のくまのです。


今日もたくさんのお客様に

ご来院いただきまして、

誠にありがとうございます!!


今日は

シミ

の話題ですキラキラ

 

 

モニター様は30代後半の方です。

 

シミの改善を目的に

 

ピコレーザーによる

今年5月に
ピコフラクショナルと
ピコスポット照射を1回、

その約2か月半後に
ピコトーニングを1回

施術させていだだき、

 

約1か月半後の経過を

撮影させていただきましたニコニコキラキラ

 

 

施術前

施術後

 

施術前後ともに

完全ノーメイク写真です。

 

写真の施術は

■肝斑ピコレーザートーニング

■ピコフラクショナルレーザー治療

■光加齢シミ・そばかす・アザレーザー治療

それぞれを1回ずつ

全顔に対して行った経過ですウインクキラキラ

 

 


▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
初回 顔 税抜30,000円
ピコレーザーのヘッドに、フォーカスレンズという、エネルギー密度を高める特殊なヘッドを装着した上で照射を行う施術で、しみ、肌質、小じわ改善等を目的とした総合的な美肌レーザー治療です。肝斑部分の照射ではフォーカスレンズを外します。免疫細胞の貪食作用も関与するため、数か月単位の治療で効果が徐々に現れてきます。PicoSureというピコレーザーによる治療は、従来のQスイッチYAGレーザー・Rubyレーザーよりも、格段に高い効果を発揮します。ピンポイントのしみには、スポット照射レーザー治療が有効です。
  • 赤み、熱感、痒み、むくみ…赤みや熱感等を生じることがありますが、多くは1日、長くても数日で落ち着きます。稀にむくみが生じる場合があります。心配な際は再診してください。
  • 稀に反応が悪いことがあります。その場合でも、ご返金は致しかねます。何回の照射でどの程度しみ・肌質・小じわが改善するかは、個人差があることをご了承ください。
  • 炎症後色素沈着…非常に稀に1か月ほどかけて、またしみが濃くなることがあります。これが高じて、非常に稀に元のシミよりも濃くなることがあります。その際は、しみ肝斑内服セットやハイドロキノンクリームの使用(費用別途)にて、徐々に改善することがあります。
  • 吹き出物…稀に吹き出物が増えることがあります。一時的な場合もありますが、非常に稀に、その状態が長く続くことがあります。
  • 白斑…極めて稀に、白斑が生じることがあります。お気付きになった際には、次回ご来院時に、その旨を必ずお伝えください。
  • ピコフラクショナルレーザーは、1か月毎に受けて頂くと効果的です。しみが濃くなることがありましたら、次回お伝えください。
  • レーザー治療期間中は、しみ対策内服薬セット(3種類)は必須です。
    ●ハイチオール
    L-システイン。ビタミンCと共に、メラニンをつくる過程で働くチロシナーゼの働きを抑えることで、しみの発生を抑制し、またメラニンの排出も促します。
    ●シナール
    ビタミンC・パントテン酸。その抗酸化作用によってメラニン生成を抑えます。
    ●トラネキサム酸
    メラニンをつくる過程で働くプラスミンというメラノサイト活性因子を抑制して、しみの原因となるメラニン生成を抑制します。止血剤でもありますので、血栓性疾患既往がある場合やピル内服中の方はご使用になれません。トラネキサム酸は3か月使用したら一旦1か月以上は休薬してください。腹部不快感、むくみ、肩こり、稀に生理不順等が起こることがあり、その際は中止してください。
  • 日焼け止めやU・Vlock等、紫外線対策は十分にしてください。
  • ハイドロキノンクリームは、施術後1週間はレーザー照射部位には使用しないでください。
  • 非常に稀に施術後にマスカラが肌に落ちた状態のようなかさぶたが付くことがあります。その場合には、無理に剥がさず、優しい洗顔の中で自然に落ちるようにしてください。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。
▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
初回 小範囲 税抜9,000円
かさぶたを作らせないような優しい出力で、全体的なくすみ等を綺麗にしていくマイルドなレーザー治療です。免疫細胞の貪食作用も関与するため、数か月単位の治療で効果が徐々に現れてきます。PicoSureというピコレーザーによる治療は、従来のQスイッチYAGレーザー・Rubyレーザーよりも、格段に高い効果を発揮します。
  • 赤み、熱感、痒み、むくみ…赤みや熱感等を生じることがありますが、多くは1日、長くても数日で落ち着きます。稀にむくみが生じる場合があります。心配な際は再診してください。
  • 稀に反応が悪いことがあります。その場合でも、ご返金は致しかねます。何回の照射でどの程度肝斑が薄くなるかは、個人差があることをご了承ください。
  • 炎症後色素沈着…非常に稀に1か月ほどかけて、またしみが濃くなることがあります。これが高じて、非常に稀に元のシミよりも濃くなることがあります。その際は、しみ肝斑内服セットやハイドロキノンクリームの使用(費用別途)にて、徐々に改善することがあります。
  • 吹き出物…稀に吹き出物が増えることがあります。一時的な場合もありますが、非常に稀に、その状態が長く続くことがあります。
  • 白斑…極めて稀に、白斑が生じることがあります。お気付きになった際には、次回ご来院時に、その旨を必ずお伝えください。
  • このピコレーザートーニングで肝斑が改善する例もありますが、逆に悪化する場合もあり、その場合にはトレチノイン・ハイドロキノンといった外用薬治療を行うこともあります。
  • ピコレーザートーニングは、最初は1~2週間毎で継続していただき、ある程度効果が見えてきましたら1か月毎に受けて頂くと効果的です。しみが濃くなることがありましたら、次回お伝えください。
  • レーザー治療期間中は、しみ対策内服薬セット(3種類)は必須です。
    ●ハイチオール
    L-システイン。ビタミンCと共に、メラニンをつくる過程で働くチロシナーゼの働きを抑えることで、しみの発生を抑制し、またメラニンの排出も促します。
    ●シナール
    ビタミンC・パントテン酸。その抗酸化作用によってメラニン生成を抑えます。
    ●トラネキサム酸
    メラニンをつくる過程で働くプラスミンというメラノサイト活性因子を抑制して、しみの原因となるメラニン生成を抑制します。止血剤でもありますので、血栓性疾患既往がある場合やピル内服中の方はご使用になれません。トラネキサム酸は3か月使用したら一旦1か月以上は休薬してください。腹部不快感、むくみ、肩こり、稀に生理不順等が起こることがあり、その際は中止してください。
  • 日焼け止めやU・Vlock等、紫外線対策は十分にしてください。
  • ハイドロキノンクリームは、施術後1週間はレーザー照射部位には使用しないでください。
  • 非常に稀に施術後にマスカラが肌に落ちた状態のようなかさぶたが付くことがあります。その場合には、無理に剥がさず、優しい洗顔の中で自然に落ちるようにしてください。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。
▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
しみの長径1mmにつき税抜2,000円
ただし、範囲や数が多い場合は、タトゥーレーザーの料金に準じます。
※チークラインは両側で税抜24,000~50,000円程度。

しみ肝斑内服薬セット(25日分) 税抜3,600円
※2セットのご購入をお勧めいたします。

ピンポイントで輪郭がはっきりしたしみ・あざに対してスポット照射を行い、かさぶたを作って落とすような機序で綺麗にする、強めのレーザー治療です。免疫細胞の貪食作用も関与するため、数か月単位の長い目で経過をみてください。
  • 痂疲(かさぶた)…照射部分に痂疲を生じたり、しみの色が濃くなったりしますが、それはむしろ良好な経過で、痂疲は無理に剥がさず、優しい洗顔で自然に落ちるようにしてください。
  • 赤み、熱感、痒み、むくみ…赤みや熱感等を生じることがありますが、多くは1日、長くても数日で落ち着きます。稀にむくみが生じる場合があります。心配な際は再診してください。
  • 炎症後色素沈着…1か月ほどかけて、またしみが濃くなることがあります。これが高じて、非常に稀に元のシミよりも濃くなることがあります。その際は、しみ肝斑内服セットやハイドロキノンクリームの使用(費用別途)にて、徐々に改善することがあります。
  • 白斑…稀に、白斑が生じることがあり、その治療は難しいことがあります。
  • 稀に反応が悪いことがあります。その場合でも、ご返金は致しかねます。何回の照射でどの程度しみ・あざが改善するかは、個人差があることをご了承ください。
  • 数mm以上の大きさのしみに対するスポット照射では、施術後1週間程度~10日程度はテープを貼って頂きます(小さなしみにはテープ不要です。)テープは毎日貼り替えず、剥がれてきたら貼り替えるようにしてください。お渡しする軟膏を照射部位に(小さいしみには直接、テープ保護した大きなしみにはテープの上から)薄くでよいので塗付して、常に照射部位が軟膏で保湿されている状態を保ち、新しい皮膚が上皮化するまで継続してください。
  • レーザー治療期間中は、しみ対策内服薬セット(3種類)は必須です。
    ●ハイチオール
    L-システイン。ビタミンCと共に、メラニンをつくる過程で働くチロシナーゼの働きを抑えることで、しみの発生を抑制し、またメラニンの排出も促します。
    ●シナール
    ビタミンC・パントテン酸。その抗酸化作用によってメラニン生成を抑えます。
    ●トラネキサム酸
    メラニンをつくる過程で働くプラスミンというメラノサイト活性因子を抑制して、しみの原因となるメラニン生成を抑制します。止血剤でもありますので、血栓性疾患既往がある場合やピル内服中の方はご使用になれません。トラネキサム酸は3か月使用したら一旦1か月以上は休薬してください。腹部不快感、むくみ、肩こり、稀に生理不順等が起こることがあり、その際は中止してください。
  • 日焼け止めやU・Vlock等を使用して、紫外線対策は十分にしてください。
  • 炎症後色素沈着が生じた際は、ハイドロキノンクリームを使用しますが、施術後3~4週間はレーザー照射部位には使用しないでください。使用開始後は、夜洗顔後に薄く膜が張る程度に綿棒等でピンポイントに塗ってください。赤み、かゆみ等が強い時は中止してください。
  • ピコレーザースポット治療の追加照射は、少なくとも2か月は間隔を空けてください。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。
ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

«      »

 

 

 

 

症例ブログ一覧はこちら
二重・目元
エイジングケア(目元以外)
デザイン整形(エイジングケア以外)
鼻・アゴ
シミ・肌質改善
刺青・タトゥー
ボディライン
その他



症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム