Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
LINE予約・相談
ページTOPへ

qa_ivc

高濃度ビタミンC点滴は他の治療と一緒にできますか?
脂肪吸引まぶたの手術鼻の手術プチ整形水光注射など内出血を伴う施術と同時、あるいはその施術後等にこの点滴を行いますと、内出血がよりひどくなることがありますので、それらの施術の際にはそのダウンタイムが落ち着いてからの点滴をおすすめします。
また、グルタチオンを含む他の美容点滴との同日併用は、高濃度ビタミンC点滴(50g)は不可、高濃度ビタミンC点滴(12.5g)と(25g)はおすすめいたしません。

普段サプリメントでビタミンCを摂取していますが、高濃度ビタミンC点滴をすればサプリメントは不要でしょうか?
ビタミンCは体内で作ることも蓄えることもできません。普段からビタミンCを摂取することでより効果的となりますので、サプリメントと点滴はぜひ併用してください。

高濃度のビタミンCの摂取は、サプリメントのように内服ではなく、なぜ点滴なのでしょうか?
ビタミンCを内服(経口摂取)しても血中濃度はおよそ400㎎/日で飽和すると言われています。過剰に摂取されたビタミンCは腸での吸収率が低下し体外に排出されてしまいます。一方、点滴の場合は、内服(経口摂取)と比べビタミンCの血中濃度を数十倍にも高めることができますので、より多くのビタミンCを体の隅々まで送り届けることができます。そのため、内服(経口摂取)よりも点滴の方がビタミンCをより効果的に摂取することができます。

高濃度ビタミンC点滴には副作用はありませんか?
安全性が高く、重大な副作用が生じることは非常に稀です。空腹時や脱水時にこの点滴を行いますと、頭痛や吐き気、低用量ピル内服中の方は普段なかった頭痛等が生じることがあります。また一時的に冷汗、震え、しびれ、けいれんを来すことがあります。また激しいスポーツ、打撲、強いマッサージ、雑巾しぼり等の後にこの点滴を行いますと、内出血が該当部位で生じることがありますが自然治癒します。G6PD欠損症の方等、当治療をお受けできないケースもあります。










症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム



当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しております。