Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
LINE予約・相談
ページTOPへ

2021/10/12
*アイラインのアートメイク除去 施術後6か月一例


こんにちは。

院長のくまのです。


今日もたくさんのお客様に

ご来院いただきまして、

誠にありがとうございます!!


今日は

アートメイク除去

の話題です。

 

 

モニター様は40代中盤の方ですキラキラ

 

ピコシュア(ピコレーザー)を使用した

アートメイク除去

を1度だけ施術させていただきました。

 

 

施術6か月後の経過を診せに

ご来院くださいましたニコニコキラキラ

 

 

↓施術前↓

 

↓施術後6か月↓

 

 

 

以下に、
正面から見た時の経過を
時系列で並べてみます。

 

↓施術前↓

 

↓施術直後↓

 

↓施術翌日↓

 

↓施術後2日↓

 

↓施術後1週間↓

 

翌日~1週間後までの写真は

お客様が自撮りでお送りいただいたものなので

光の加減が微妙で判りにくい部分もありますが、

ご容赦ください。

 

↓施術後6か月↓

 

 

 

以下、閉眼時の写真を

時系列で並べます。

 

↓施術前↓

 

↓施術直後↓

 

↓施術後2日↓

 

↓施術後6か月↓

 

 

アイラインアートメイク除去の

レーザー治療には

局所麻酔の注射が必須です。

 

照射の瞬間、その痛みで、

どうしても瞼を動かしてしまうために

照射部位がずれるからです。

 

また瞼の皮膚は薄いので

局所麻酔の注射やレーザーの衝撃で

内出血や腫れがしばらく続きます。

 

 

また眼球にレーザーの光が

入りますと、とても危険なので

コンタクトシェルという

レーザー光を透過させない

特殊な装具を挿入してから

レーザー照射を行います。

 

 

一度の照射でアートメイクが

ほぼ除去されることもあれば、

上記症例のように少し残って

2回目の施術が必要になることもあります。

 

この方の場合は

一度の照射で終了となりました。

 

 

また照射するレーザーは

脱毛用のレーザーではないのですが、

まつ毛の毛根が

レーザーの衝撃を受けて

生えてこなくなるリスクがあります。

 

全部脱毛してしまったケースは

これまで見たことはありませんが、

まつ毛が多少、少なくなるリスク

ご承知おきいただく施術となります。

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
※1回あたりの照射料金です。
※必要な照射回数は1~10回程度と個人差が大きいです。

  • トライアル 1cm²(1×1cm目安)税込2,000円
  • ~5cm²(2.2×2.2cm目安)税込16,000円
  • 6~10cm²(3.1×3.1cm目安)税込24,000円
  • 11~30cm²(5.4×5.4cm目安)税込38,000円
  • 31~50cm²(7×7cm目安)税込45,000円
  • 51~100cm²(10×10cm目安)税込50,000円
  • 101~150cm²(12.2×12.2cm目安)税込55,000円
  • 151~250cm²(15.8×15.8cm目安)税込68,000円
  • 251~300cm²(17.3×17.3cm目安)税込80,000円
  • 301~350cm²(18.7×18.7cm目安)税込90,000円
  • 351~400cm²(20×20cm目安)税込100,000円
  • 401~450cm²(21.2×21.2cm目安)税込110,000円
  • 450cm²~ ご来院にて応相談
  • 局所麻酔
    └100cm²以下 税込4,000円
    └200cm²以下 税込8,000円
  • シミ肝斑内服薬セット(25日分)税込3,960円
    ※各回照射につき2セットご購入をおすすめしています。
  • コンタクトシェル 税込2,000円
    ※アートメイク除去の際のアイガード
刺青のインク・墨にこのレーザーを照射して、かさぶたを作って落とすような機序と免疫細胞の貪食作用によって、刺青の色を徐々に消していく治療ですので、照射後は数か月単位の長い目で経過をみてください。
  • 痛み、内出血、熱感、痒み…レーザーの光衝撃で起こることがありますが、基本的には自然軽快します。心配な際は再診してください。
  • 蜂窩織炎…レーザー照射部分の清潔が保たれないと、稀に皮膚の感染症(蜂窩織炎等)を起こすことがあり、その際には抗生剤点滴・内服治療のため通院が必要になることがあります。
  • 全くの素肌に戻ることは難しく肌の質感が異なります。白斑が生じることがあり、その治療は難しいことがあります。また稀に肥厚性瘢痕、ケロイドが生じることがあります。
  • 稀に反応が悪いことがあります。皮膚の深い層まで墨が入っているとレーザー光が届かず、照射回数が多くなったり、最終的に薄く残ったりすることもあります。その場合でもご返金はいたしかねます。何回の照射で消えるか予想が立てられない施術であることをご了承ください。
  • 炎症後色素沈着…1か月ほどかけて、色素沈着が濃くなることがあります。その際は、シミ肝斑内服セットやハイドロキノンクリーム(費用別途)にて徐々に改善することがあります。ハイドロキノンクリームは、施術後3~4週間はレーザー照射部位には使用しないでください。使用開始後は、夜入浴後にレーザー照射部位に薄く膜が張る程度に塗ってください。赤み、かゆみ等が強い時は中止してください。
  • 施術後は照射部位に1日テープ、またはガーゼを貼ります。翌日からは、お渡しする軟膏を照射部位に塗付して、創部が上皮化するまで、照射部位が軟膏で保湿された状態を保つようにしてください。レーザー照射部位にかさぶたが付いたり、水ぶくれが生じたりします。かさぶたが付いた場合は、無理に剥がさず、入浴時の石鹸は泡で優しく洗うようにしてください。
  • レーザー治療期間中は、シミ対策内服薬セット(3種類)は必須です。
    ●ハイチオール
    L-システイン。ビタミンCと共に、メラニンをつくる過程で働くチロシナーゼの働きを抑えることで、シミの発生を抑制し、またメラニンの排出も促します。
    ●シナール
    ビタミンC・パントテン酸。その抗酸化作用によってメラニン生成を抑えます。
    ●トラネキサム酸
    メラニンをつくる過程で働くプラスミンというメラノサイト活性因子を抑制して、シミの原因となるメラニン生成を抑制します。止血剤でもありますので、血栓性疾患既往がある場合やピル内服中の方はご使用になれません。トラネキサム酸は3か月使用したら一旦1か月以上は休薬してください。腹部不快感、むくみ、肩こり、稀に生理不順等が起こることがあり、その際は中止してください。
  • 日焼け止めやU・Vlock等を使用して、紫外線対策は十分にしてください。
  • 追加照射の際は、2か月は間隔を空けてください。
  • その他分からない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。

 

 

 

 












症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム


当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しております。