Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
LINE予約・相談
ページTOPへ

2016/07/28
*アゴのデザインプチ整形 ヒアルロン酸+ボツリヌストキシン 一例 


こんにちは。

院長のくまのです。


今日もたくさんのお客様に

ご来院いただきまして、

誠にありがとうございます!!


今日は

アゴ

の話題です。    

 

モニター様は

50代中盤の方です。

 

 

 

元々この方のアゴは

すごく小さいわけでも

なかったのですが、

 

アゴのヒアルロン酸と

ボツリヌストキシン注射

施術させて頂きましたクローバー

 

 

施術前

施術後

 

 

フェイスラインが

エラからアゴ先まで

ラインが生きてきますキラキラ

 

また数日後から

ボトックスの効果で

アゴ(オトガイ)の

梅干しジワが

出にくくなりますクローバー

 

 

施術前

施術後

 

正面からは

あまりバレるほど変化は分かりにくいです。

 

 

施術前

施術後

 

アゴのボツリヌストキシンを行えば、

梅干しジワがなくなる

だけではなく、

せっかく入れた

ヒアルロン酸が、

オトガイ筋の動きによって

潰されないように働き、

形が素直に出てくれるニコニコキラキラ

だけでなく、

 

またヒアルロン酸を

オトガイ筋で押しつぶすクセが

なくなりますから、

 

入れたヒアルロン酸の

長持ちにも貢献

してくれますウインクキラキラ

 

施術前

施術後

 

一般的には、

エステティックライン

といいまして、

 

『鼻先と唇とアゴ先が

一直線に並んでくるよう、

下唇の下が一旦くぼんで

その下がまた前に出る

という形が綺麗』だと

言われます。

 

ただ、

歯並びやアゴの形の問題で

全例こうすればよい

というものではありませんが。

 

 

単純にアゴ先だけを

ヒアルロン酸で前に出すと、

下の写真の白点線あたりの

シワが目立ってくることも

ありますので、

そこも併せて気を付けて

形成していきますキラキラ

 

アゴのプチ整形は

ばれずに綺麗に

なれるパーツ

です。

 

 

◇ アゴが小さいことで

   フェイスラインの形として
   損をしている方

 

◇ そもそもアゴが小さいことに

   気づいていない方

 

◇ アゴを形作ることで

   全体のバランスとしても

   綺麗になることに

   気づいていない方

 

たくさんいらっしゃいます。

 

 


▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
1㏄ 税抜60,000~80,000円
※使用するヒアルロン酸の種類により料金が異なります。
※顎には通常1~2cc使用します。
ヒアルロン酸注射は凹みの下に注射して持ち上げる、形を整える、また鼻等の高さを作る効果があります。注射する場所と注射量により異なりますが、初回は3~6か月で拡散吸収され、無くなっていきます。回数を重ねる毎に無くなりにくくなり、長持ちするようになります。
  • 腫れ…数日間むくんだ感じが出ることがあります。腫れが強い場合は濡れたタオルを絞ったもので冷却してください。
  • 内出血…注射部位に内出血(青あざ)が生じることがあります。通常はそのまま様子みて頂くと2週間程度で消失します。
  • 偏り…ほうれい線、目の下等では、お口の動きや瞼の動きや笑う動作によって、ある程度時間が経過してから、稀にヒアルロン酸の偏りが生じることがあります。その場合、ヒアルロン酸を溶かして、元に戻すこともできますが、ヒアルロン酸を溶かすヒアラーゼ注射は別途費用となります。
  • 感染…非常に稀に細菌が繁殖して腫れることがあります。その際は再診してください。抗生物質による治療やヒアルロン酸を溶かす処置等を行うことがあります。
  • 血行障害…極めて稀に、血行障害を起こすことがあります。施術後に増強する痛みが生じたり、特に注射部位以外の部分に異常を感じたりした場合、すぐに(診療時間外の場合は翌日すぐに)ご連絡の上、再診してください。抗生物質による治療やヒアルロン酸を溶かす処置等を行うことがあります。
  • 異物肉芽腫…非常に稀に、ヒアルロン酸に対する異物反応が過剰に起こり、線維性のしこりを生じることがあり、この治療は難しい場合があります。
  • お化粧、洗顔、洗髪、シャワー等は当日から可能ですが、入浴は翌日からが望ましいです。
  • 笑気ガス麻酔を使用した場合は、施術当日は車・バイク・自転車等の運転はお控えください。
  • ヒアルロン酸が残った場合、半年間、お名前・カルテ番号・日付を記載して冷蔵保存します。もし追加注入をご希望の場合は、6か月以内に再診してください。
  • 追加注入は、基本的にはむくみや内出血が治まってからの再診にしてください。その際には追加注入手技料金と、麻酔やマイクロカニューレをご希望の場合、それらの料金はその都度頂戴します。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。
※上記の症例では使用したヒアルロン酸は1cc以下です。

▼料金▼施術の説明▼リスク▼施術後の注意点
税抜11,000円
動物(ウシ、ヒツジ、ブタ)由来A型ボツリヌストキシンとヒト血清アルブミンの製剤です。その製造においては十分な検査がなされ、クロイツフェルト・ヤコブ病などの未知の疾患への感染は極めて稀です。米国ではBOTOXが1977年に初めて斜視に使用され、その後、筋肉の緊張を和らげる治療薬として普及しました。美容領域においてもFDA(米国食品医薬品局)の承認を受け、2001年の1年間だけでも160万件以上使用され、感染の報告は現時点ではありません。しかし、未知の疾患に罹患する可能性がゼロとは言い切れない背景があります。またボトックスビスタを使用した眉間・目尻のしわに対しての注射以外は、本来は国内認可適応外であることをご了承ください。

  • 顔の表情じわ …筋肉の動きによる表情ジワを弱めます。効果は3日程度で現れ、多くは4か月前後続きます。
  • ワキ汗 …ワキへの注射により、ワキ汗の量を抑えることができます。効果は数日で現れ4か月程度続きますが、元々汗の量が甚だしい場合は、2か月以内でも汗の不快感が生じることがあります。
  • 下腿(ふくらはぎ) …腓腹筋を萎縮させ脚を細くする効果が期待できます。効果発現に4週間程度かかります。階段が登りづらい感じが出ることがありますが、日常生活に支障はありません。数か月毎に3~4回の施術をお勧めします。変化の度合や効果持続には個人差があります。
  • 肩こり …僧帽筋に注入することで筋肉が柔らかくなり、肩こりが緩和される効果が期待できます。効果は4か月前後のことが多いです。稀に他の部位がこる結果になる場合があります。
  • ネフェルティティリフト …広頚筋の力を弱めることで、アゴ下のすっきり感が期待できます。
  • エラ …咬筋を萎縮させ、小顔効果が期待できます。効果発現に4週間程度かかります。硬いものが食べにくくなることがありますが、通常の食事に支障はありません。数か月毎に3~5回繰り返し注射すると、より効果が続きます。法令線が深くなったり、元々痩せている方は、頬がこけたりすることがあります。こけた場合等の修正施術には、別途ご費用がかかります。
  • 唾液腺 …顎下腺や耳下腺を萎めることで、フェイスラインのすっきり感が期待できます。
  • 腫れ、内出血…注射部位が少し盛り上がることがありますが、概ね数時間で治まります。注射部位に内出血(青あざ)が生じることがありますが、概ね2週間程度で消失します。
  • お顔の部位によっては、表情が硬くなったり、重くなったり、つっぱったりする場合がありますが、3か月程度で徐々に戻ります。
  • 感染…生物由来の製剤のためですが、ほとんど報告もないリスクです。極めて稀です。
  • お顔に注射した場合、施術部位を3日間はマッサージなさらないようにお願いします。
  • お化粧、洗顔、洗髪、シャワーは当日から可能です。入浴は翌日からの方が望ましいです。
  • 笑気ガス麻酔使用の場合、施術当日は車・バイク・自転車等の運転はお控えください。
  • 生物由来の製剤であるため、施術後3か月間避妊をお願いしております。
  • お顔の表情じわに関しては1か月の保障期間があります(エラ、チーク、ワキ、下腿、肩こり等は除く)。施術後1週間程度は経過を見て頂いてから、効きが悪い等の場合は、追加のご相談に再診してください。ただし、追加が不適応の場合もあります。基準量を超えて追加注入をして、やっと効果が出たとなった場合、次回以降は増量料金を頂戴することがあります。
  • その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。
  • 静脈麻酔
▼料金▼麻酔の説明▼リスク▼術前の絶飲食
税抜40,000円
静脈麻酔の主な目的は、術中の鎮静、およびリラックスです。点滴から麻酔薬が注入され徐々に眠くなります。大量に投与すれば意識消失させることができますが、呼吸抑制が生じることがあるため、体重を鑑み、単位時間あたりの麻酔薬使用量を調整します。その調整量の下で、体動が激しい場合などには、手術の安全のために、適宜調整させて頂くことがあります。卵黄・大豆油アレルギーがある方はプロポフォールという麻酔薬が使えないため、別の薬剤(ドルミカム等)を使用しますが鎮静レベルが浅めになります。

麻酔を開始する前に点滴確保、血圧計、心電図、酸素モニターを装着します。また必要に応じて尿道カテーテル挿入や、酸素マスク(あるいはチューブ)装着を行います。

  • 麻酔の危険の度合いは、手術の内容やお客様の全身状態、体質などによっても異なり、極めて稀ではありますが、様々な合併症があり得ることをご了承ください。
  • 麻酔中には非常に稀にショックや低酸素症などの全身疾患や、以下のような合併症が起こることがあります。
    ※合併症…悪心嘔吐、頭痛、呼吸循環障害、意識障害、血栓・塞栓症、穿刺部痛、痙攣、薬剤アレルギー、誤嚥性肺炎
  • その他、合併症を疑う症状を認めた場合は、救命ならびに後遺症を最小限にするため、手術・麻酔の中止、麻酔方法の変更を含め、あらゆる努力を行わせていただきますが、その際には予定されていた手術や麻酔とは異なった処置と治療が行われることがあります。
術前6時間の絶食をお守り下さい。飲水は2時間前まで少量の水でしたら可能です。コーヒー等はお控えください。胃内に食物があると、もし術中に吐いた場合、肺に入り重症肺炎を起こすことがあるためです。
ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

«      »

 

 

 

 

症例ブログ一覧はこちら
二重・目元
エイジングケア(目元以外)
デザイン整形(エイジングケア以外)
鼻・アゴ
シミ・肌質改善
刺青・タトゥー
ボディライン
その他



症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム