Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
メール相談
ページTOPへ

メラフェード(医療機関専売のスキンケア商品)

メラフェードは、医療機関専売のご自宅で出来るシミや肝斑や色素沈着改善のスキンケア商品です。

メラフェードとは

ご自宅で簡単にシミや肝斑のケアが出来る医療機関専売のスキンケア商品です。

メラフェードは、肌タイプに合わせて濃度を変えることが出来るので、ダウンタイムなく治療ができる、新しいタイプのトレチノイン・ハイドロキノン療法となります。

こんな方におすすめ!

  • シミが気になる
  • 肝斑が気になる
  • 色素沈着が気になる
  • 美白をしたい
  • 自宅でケアしたい

メラフェードによるトレチノイン・ハイドロキノン療法

メラフェードのラインナップ

メラフェードT メラフェードモイストエッセンス メラフェードエマルジョン
画像
容量 10ml 30g 30g
説明 0.1%トレチノインと4%ハイドロキノンが配合されたローション 高濃度ヒアルロン酸の化粧水。Tローションと混ぜて濃度調整します。 美白乳液

メラフェードの特徴

通常のトレチノイン療法では、赤み、皮むけ、かゆみ等の刺激症状が生じて、それを乗り越えるシミ治療となります。またその赤みの出方次第では、シミを悪化させる可能性もあるために、2週間程度毎のクリニック受診が必要となります。また刺激症状(赤み、皮むけ、かゆみ等)が出現したら、せいぜい塗る量を減らすことくらいしか方法がないのと、その方法では刺激症状が十分軽減しないため、なかなかしっかりと治療を続けられない方が多いのです。

その一方で、メラフェードシリーズでは、液状タイプの「モイストエッセンス」と混ぜて濃度調整して使うことができるようになっており、どなたも簡単にお肌の状態に合わせて薄めてご使用いただけるので、お客様のお肌で許せる範囲の刺激症状に抑えながら、シミの改善を図っていくことができます。
特に心配な症状がなければ、通院不要です。

トレチノイン0.1%を配合した「メラフェードT ホワイトニングローション」によって、すでにあるシミの色素を垢(アカ)として外に押し出そうとしてくれます。
さらに「メラフェードエマルジョン」には、チロシナーゼ阻害剤という新たなメラニン産生を抑える成分が配合され、新しいシミの発生を抑えつつ、高い美白効果が発揮されます。

メラフェードの使用方法

★朝のお手入れ★★

  • Step.1
    洗顔
  • Step.2
    お手持ちの化粧水とメラフェードエマルジョンを顔全体に適量塗布します。

★夜のお手入れ★★

  • Step.1
    メイクを落とし、お手持ちの化粧水でお肌を整えます。
  • Step.2
    メラフェード混合液をつくります。
    ・メラフェードT:1滴
    ・メラフェードモイストエッセンス:3プッシュ
  • Step.3
    メラフェード混合液を塗布
    目と口の周りを避け、強くこすらないよう顔全体に優しく塗布します。
  • Step.4
    メラフェードエマルジョン
    顔全体に適量塗布します。
    気になる部分には、重ね塗りしていただけます。

料金表

施術名 詳細・分量 料金(税抜) 備考
メラフェード(医療機関専売のスキンケア商品) メラフェードT Whitening Lotion 7,000円

10ml

メラフェードモイストエッセンス 24hrs Long-Lasting Moisturiser 11,000円

30g

メラフェードエマルジョン Tyrosinase Inhibitor 14,000円

30g

上記3点セット 28,000円

セット合計価格の4,000円OFF

刺激反応が強く出たら…

刺激反応には
・肌の赤み
・ポロポロ肌の皮むけ
・ヒリヒリ感
・乾燥症状
などがあります。

これらの症状が出たとしても、シミを薄くする過程のためには決して「いけない症状」ではありません。

もしこの刺激症状を軽くしたいという場合には、
・モイストエッセンスの量を増やし、濃度を下げる
・隔日で始め、慣れたら連日にする
・保湿をしっかりと行う
などが有効です。

トレチノインに対して、お肌がだんだん耐性をもってきますので、刺激反応は1〜2週間で自然に消退します。

トレチノイン療法での注意点

・紫外線対策と保湿を十分に行ってください。
・薬剤が目に入ったり、飲用したりしないようにしてください。
・メラフェードシリーズの保管は、常温保存で構いません。
・ひどい乾燥肌の方、赤ら顔の方、妊娠中・授乳中や妊娠を近々お考えの方などは、ご使用をお控えいただきます。
・ケミカルピーリング治療中やレーザー治療中の方には、お勧めできません。
・効果の度合や治療期間においては個人差があります。
・心配な症状がある場合は、再診してください。