Arrow Icon 顔の悩み Arrow Icon 肌の悩み Arrow Icon 体の悩み Arrow Icon その他の悩み Arrow Icon ボタンの飾り
web予約
LINE予約・相談
ページTOPへ

イントラジェン


説明切らない、痛くない、たるみ治療。高周波(RF)にて肌に熱を与えることによって、シワ・たるみの改善が期待できます。さらに毛穴や肌質改善対策としても有効とされています。
リスク赤み、色素沈着、やけど等
料金初回 額+コメカミ 20,000円~

こんな方におすすめ!

  • しわやたるみが気になる
  • 小顔になりたい
  • 顔のむくみを楽にしたい
  • 毛穴やお化粧のりが気になる
  • フェイスラインをすっきりさせたい
  • 最近、疲れているの?と言われた
  • メスを入れるリフトアップはしたくない
  • 糸を入れるリフトアップもしたくない
  • 注射もしたくない
  • 周りの人にバレたくない
  • 翌日の仕事に支障がないようにしたい
  • 明日、スッキリしたお顔で大事な人と会いたい

イントラジェンとは



イントラジェンとは、がん治療等の医療現場でも広く用いられるラジオ波(GFR)を使った治療法です。GFRによるたるみ引き締め治療(高周波でたるみ引き締め治療)とは、そのラジオ波と呼ばれる高周波(RF)を肌に照射して、切らない、痛くない、たるみ治療が期待できる美容機器です。
下記の2つの効果が期待できます。

  • GFRによる第1次効果:コラーゲン収縮によるシワ・たるみ改善(即効性)
    高周波(RF)にて肌に熱を与えることにより、コラーゲンが収縮し、その引き締め効果によって、シワ・たるみの改善が期待できます。
  • GFRによる第2次効果:コラーゲンの生成(持続性)
    その後、熱の刺激による創傷治癒反応によりコラーゲンの再構築が促されるので、肌質改善も期待できます。
  • GFRによる2つの効果

また、イントラジェンは高周波(RF)を格子状に照射する技術により痛みが非常に少なく、肌へのダメージが少ない機器です。

弊院のイントラジェンでは、痛みの軽減ややけどの予防方法として、格子状に高周波(RF)を照射する技術を開発し、それによって、表面の皮膚へのダメージを飛躍的に軽減し、しかも真皮層(2層目の皮膚)には均一な面で熱収縮を与えることができる機器となっております。この技術によって痛みが非常に少なく、肌へのダメージが少なく、たるみを引き締める治療を行うことができます。

なお、同様の効果が期待できるサーマクールよりも治療費は安価なので、定期的なたるみのケアに最適です。

ウルトラセルQプラス(ハイフ)という深層の皮下脂肪層(3層目の皮膚)と表情筋膜層(SMAS:4層目の皮膚)に熱(超音波)を与える施術との組み合わせで、より高い引き締め効果が期待できます。また繰り返し照射によって、長期的にみて肌の老化抑制に繋がります。

イントラジェンの特徴

  • 切らない!
  • 格子状に照射することで、痛みが非常に少なく肌へのダメージが少ない!
  • コラーゲン生成で肌質改善効果も!

2種類の照射

イントラジェンは、基本照射メンテナンス照射に分かれます。

  • 基本照射(スタンプモード+スライドモード)
    スタンプモード
    お肌の真皮層に対して、50~60℃という、ある程度高めの熱を込めていき、コラーゲンのリモデリング(再構成)を図っていくメニューです。
    対象範囲はお選びいただけます。※下記参照
    スライドモード
    全顔~顎下・首までを対象とした照射ヘッドをスライドさせて熱でむくみを流し、全体を引き締めていくメニューです。

    この基本照射は3か月以上は間隔をあけて行う施術となっておりますが、基本照射後、1か月以上間隔を空けることで、下記のメンテナンス照射は施術可能です。
  • メンテナンス照射(スライドモード)
    1か月毎の繰り返しも可能な、全顔~顎下・首までを対象とした照射ヘッドをスライドさせて熱でむくみを流し、全体を引き締めていくメニューです(スライドモード)。
    基本照射の合間に行っていただくメンテナンスといった意味でも効果的ですが、このメンテナンス照射を繰り返し行うことによって、毛穴・肌質改善対策としても有効とされており、また小顔の即時効果も期待できます。

スタンプモードの適応範囲

◆基本照射①
額+コメカミ
◆基本照射②
頬+フェイスライン
◆基本照射③
顎下+首

症例ブログ

施術詳細

処置時間約40分
痛みほとんどございません。少し熱感がございます。
腫れほとんどございません。
赤み熱による赤みが生じることがありますが、通常は数十分で消失します。
やけど施術の出力は「少し熱く感じ、少し痛いが我慢できる程度」が適切です。熱すぎる時や痛みが強い時は過度に我慢せず、施術者にお申し付けください。やけどに繋がることがあります。その場合、赤みが数週間続いたり、水泡ができたりすることがあります。ご帰宅後、気付いた場合はご面倒ですが再診してください。炎症止め外用薬の処方等をいたします。
色素沈着やけどが生じた場合、色素沈着として残ることがあります。その際は、シミ肝斑内服セットやハイドロキノン等の使用(費用別途)にて、徐々に改善することがあります。
麻酔ほとんどの方は麻酔せずに施術します。
治療後の通院必要ありません。基本照射は3~6か月毎に推奨され、また次の基本照射までの間、メンテナンス照射が推奨されています。毎月メンテナンス照射だけ継続も有効です。
入院の必要性必要ありません。
お化粧当日から可能です。
洗顔当日から可能です。
洗髪当日から可能です。
シャワー当日から可能です。
入浴当日から可能です。
運転当日から可能です。
その他他院様にてケミカルピーリング、レーザー・高周波・超音波治療、トレチノイン、ハイドロキノン療法の他、お顔の外用薬等の治療を行っている方は、お申し付けください。状況次第で施術日を後日にずらしていただく場合がございます。

料金表

施術名詳細・分量料金(税抜)備考
イントラジェン

初回
◆基本照射①
額+コメカミ

20,000円

初回
◆基本照射②
頬+フェイスライン

40,000円

初回
◆基本照射③
顎下+首

40,000円

◆基本照射①
額+コメカミ

25,000円

◆基本照射②
頬+フェイスライン

50,000円

◆基本照射③
顎下+首

50,000円

◆メンテナンス照射

25,000円

施術をお断りさせていただく場合があります

心臓ペースメーカーが入っている方、金の糸や金属プレート等の金属が体内にある方(歯のインプラントや銀歯は可)、日焼け後でまだ熱感のある方、お顔の手術・注射・外用薬・レーザー治療等は内容・履歴によりお控えいただく場合があります。

注意事項

トレチノイン、ハイドロキノン等のご使用は、施術前後3日程度お控えください。

よくある質問

イントラジェンは高周波(ラジオ波)を照射する機器で、それが表皮層(1層目の皮膚)と真皮層(2層目の皮膚)にターゲットを絞って、50~60℃の熱を与えることによってシワやたるみを改善させる治療機器です。一方、ウルトラセルQプラス(ハイフ)は超音波を照射する機器で、それが皮下脂肪層(3層目の皮膚)と表情筋膜層(SMAS:4層目の皮膚)にターゲットを絞って、60~65℃の熱を与えることによってシワやたるみを改善させる治療機器です。
どちらの機器でも、熱影響によって収縮したコラーゲン、および自然治癒力による修復過程で生じた新しいコラーゲンによって、緩んだ肌を引き締めます。

イントラジェンは高周波(ラジオ波)による熱照射となりますが、高周波は肌色や肌質を問わず照射が可能なため、日焼けした肌にも照射できます。しかし、日焼け直後は皮膚が炎症しており敏感になっているため、症状が落ち着いてからの照射をおすすめいたします。

イントラジェンの照射直後から実感される方もいらっしゃいますが、一次効果は概ね数日~2週間ほどで見えてきます。その後、効果が分かりにくくなる時期を迎えますが、自然治癒力で生まれるコラーゲンの再構築が徐々に進み、数か月~半年かけて引き締め効果を発揮する二次効果に繋がっていきます。

Load More


Load More


たるみの状態にもよりますが、表情筋膜(SMASH)を縫い上げて余った皮膚を切除するリフトアップ術(トータルフェイスリフト耳下リフトネックリフト)、高周波や超音波等の熱により皮膚の引き締めを行う施術(イントラジェンウルトラセルQプラス(HIFU))、顎下の脂肪吸引、注入治療(ボトックス脂肪溶解注射)等があります。カウンセリングにてたるみの状態を拝見した上で、最適なご提案をさせていただきます。

フェイスラインの状態にもよりますが、糸を挿入して治療するリフトアップ術(小顔Vフェイス)、余った皮膚を切除するリフトアップ術(トータルフェイスリフト耳下リフトネックリフト)、高周波や超音波等の熱により皮膚の引き締めを行う施術(イントラジェンウルトラセルQプラス(HIFU))、頬・顎下の脂肪吸引、注入治療(ヒアルロン酸ボトックス脂肪溶解注射)等があります。カウンセリングにてフェイスラインの状態を拝見させていただいた上で、最適なご提案をさせていただきます。

たるみの状態にもよりますが、糸を挿入して治療するリフトアップ術(小顔Vフェイスチークリフト)、余った皮膚を切除するリフトアップ術(トータルフェイスリフトミニフェイスリフト)、高周波や超音波等の熱により皮膚の引き締めを行う施術(イントラジェンウルトラセルQプラス(HIFU))等があります。カウンセリングにてたるみの状態を拝見した上で、最適なご提案をさせていただきます。

Load More










症例ブログLINE公式アカウントインスタグラム


当サイトは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しております。